5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

登れなかった課題をクリアできたら、やはり嬉しい。



クライミングジムZERO

最近、ここを2番めのジムにしていて、平日行けなかった時は、車で(たまに自転車で)行っている。

ただ、どうもここの課題が苦手で、なんでここのホールドがこんなに遠いのよ!と唸ることがしばしば。

そして、何回も立ちはだかったのが、赤の7番課題。

ここのジムで言うと、赤は、下から4段階目。中級の一番やさしいというところでしょうか。

3年ぶりにボルダリングを再開した自分にとって、このくらいの課題は、まずは超えなければならないところです。

この7番は、体重移動しながら横上に登っていくんだけど、最後の最後は、はてしなく遠い。

どうしていいのかわからなくなったところ、先週、その課題をやっている人がいて、キョンして上がっているのがわかった。

手のホールドに近かったので、あそこでキョンはないだとうと、全くもって登り方から外していた。

先週は、もう腕に力がなくなり、登ることはできなかった。

それで、今週挑戦した。

すると、なんとか右手がかかった。

二回目。

右足キョンして固定して右手を伸ばすと、最後のホールドと捕まえた。

そして、クリア。

長かったなあ、ここまで。

その勢いで、赤の6番もクリアする。

ここは、持つとすぐ落ちていた課題。スタートさえできなかったところ。

筋力戻ってきているなあと思う。

そして、登り方も。

ボルダリングは、こうして、できなかった課題ができた時が一番嬉しい。