5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

スラブラーとなった一日



外岩で楽しさを再確認した僕は、再びジムのボルダリングに精を出していくのであった。
水曜日、金曜日、日曜日、そして昨日と中一日ペースでのボルダリング。
日曜日には、少しトップロープもやり、そこで足の使い方が悪いと言われた。ホールドへの足の置き方は、直接ホールドに乗せるのではなく、壁につま先側の足の裏をくっつけるように乗せて、滑らせてホールドに乗せていくことが重要と、それから、もっとスラブで足の動き方を覚えるべきと。

 

 というわけで、昨日はスラブラーと化した一日でした。
スラブも目的をもってやってみると楽しいもので、今まで失敗したら顔を怪我しそうで怖いなあとか、そもそも、スラブの緩い壁なんて登れないなあと一段低く見ている自分がいたわけでした。

足に気をつけて登るようになったスラブは、面白さが全く変わってきました。
全く登る気もなかった、水色の課題が面白くなり、何度もトライでした。

ゆっくりゆっくり足を上げていく課題もあり、その動きがハング課題と違った面白さがあります。
スラブ壁は初心者のものと云う誤った考えが覆った日となりました。

自分にとって、第3期ボルダリング熱中期ですが、これまでとは全く違うことは、一緒に演る人が増えたことです。それから、ジムでの知り合いが増えたことです。
ジムでの知り合いが増えたことは、とても大きくて、これがなかったらリードクライミングも外岩もやっていなかっただろうなあと思います。いろんな人に感謝です。