読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

ボルダリングジャパンカップ、女子は伊藤ふたばさんが初、男子は藤井快さんが2連覇



f:id:bookrock:20170131225521j:plain

 

ボルダリングジャパンカップ。

今日、決勝が行われました。

代々木第二体育館。

朝から始まる準決勝から見ていました。

準決勝は、壁全体を使って5分ごとに戦っていきます。

これはこれで見ていて面白かったです。

 

女子は大接戦でした。

応援していた加島さんが二完登したのに決勝に進めなかったのが残念でした。

 

そして、決勝。

予算4位の伊藤ふたばさんが絶好調でした。

 

野中さんは調子悪いのかなあと見ながら思いました。

野口さんは盤石。圧倒的に安定していたので優勝するだろうなあと思ってました。

 

ところが野口さんは、3課題目で、もしかしたら2課題目でまさかのゴールが取れなかったのです。

ここで分からなくなりました。

 

4課題目。

見ていてどう登るか全く分からない課題。

この課題に皆んな苦しめられます。

最後の野口さんまで完登できません。完登どころかボーナスポイントも取れません。

野口さんがゴールしたら優勝という場面。

ここで、まさか上がれませんでした。

なんと、4課題目は誰も完登できなかったのです。

そして、伊藤ふたばさんの初優勝が決まりました。

 

男子はもっとすごいことになりました。

1課題目で完登したのが4人。

最終4課題まで、この最初の課題を何回かで上がったかで順位が動かなかったのです。

なんと、2..3課題目は誰も完登できないと言う超難課題だったのです。

見る方は大変です。

全くカタルシスがありません。

ボーナスポイントを取るときにうぉぉ!と騒ぐぐらいの展開です。

 

見ていて、完登できるとは全く思えない課題の連発です。

 

そして

最終4課題。

 

スタートさえ分からないと思っていた課題。

ゴールにはフットホールドが無い。

 

ボルダリングの課題の難易度は普通段々と難しくなります。

2課題3課題で完登した人がいないのです。4課題目でできる人がいるとは思えません。

 

その難しい4課題目を藤井快さんが完登しました。

 

考えられないムーブでした。

 

会場は、興奮の坩堝状態です。

 

初めて行った、ボルダリングジャパンカップ。

 

本当に面白かったです。

あの歓声と落胆と興奮はなかなか無いと思います。

 

そして、悩んでた食事の話題です。

 

1日で準決勝と決勝が行われた日。

午前中準決勝

午後決勝

 

昼ごはん、外に出て食べました。

チケットの半券持ってれば再入場が可能です。

そして、午前中に席を取ってて、椅子に何か目印置いてくと良いです。

 

では、また来年。

 

写真はいっぱい撮ったのでそのうちにアップします。

 

カメラは望遠使えません。

 

サイトにそう言うこと書いてなかったので大丈夫かと思ってたら注意されました。

35ミリまでは良いそうです。

スマホで皆んな写真も、動画も撮ってました。

 

それにしても、一日楽しかったのです。