5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

クライミングワールドカップ、BOULDR第8戦、ラヴァル大会は野口啓代さんが優勝



SkyAで偶然無料放送をやっていたので、見ました。

ボルダリングのワールドカップ。

課題は、半端ないです。

オブザベーションさえできません、僕には。

どこをどうつかむんだというホールドとも言えないホールドです。

こういうのよく上がれるもんだと、見ていて思います。

腕の力も必要ですが、体のバランス感覚が優れてないと上れないと思います。

野中みほうさんという17歳の女子が大活躍します。

最後の1課題を残しトップになります。

最後の課題をクリアしたら、初の表彰台。

そして、センターです。

さすがに、優勝は難しかったです。

第3課題を失敗して2位になった、野口啓代さんが最終課題をクリアして優勝します。

スタートさえ難しい課題。

それをクリアしていくんですから、さすがです。

この大会。

日本人が、1位2位になった記念すべき大会になりました。