読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

ヨセミテが朝日新聞に

クライミング


朝日新聞の別冊(?)を読んでいたら、ヨセミテの記事がありました。

今日の朝日新聞と一緒に来た「The Asahi Shinbun GLOBE」

その中にあった記事が「ヨセミテ絶壁に挑む」でした。

転記します。

クライマーの聖地 ヨセミテ

命綱なしでスピードを競う

米国カリフォルニア州東部にあるヨセミテ渓谷。

「ハーフドーム」と呼ばれる岩山の絶壁で、23歳の若者が前人未到の偉業に挑んだ。

1,2ミリほどの岩の突起を指先でつかみ、わずかな隆起に足先をかける。

命綱なしの「フリーソロ」というスタイルで、2時間50分での登頂を果たした。

その知らせに世界中のクライマーが驚嘆した。

 

ハーフドームの絶壁をクライマーが最初に制覇したのは1957年。

ハーケンとロープで体を固定しながら、谷底から山頂まで1475メートルの絶壁を5日間かけて登った。

1976年には2人のクライマーが転落防止のロープだけで34時間で制覇した。

1970年代、若いクライマーたちは社会に反抗し、自由な生き方を貫き、巨岩に登ることを生きがいにしていた。

だが時代は変わり、今ではクライマーの警笛は様々だ。

世界各国から人が集まるようになり、家族連れや、女性の数も増えた。

ロッククライミングは、断崖で繰り広げられる競技に進化し、一流のクライマーはきりつただしいアスリートになった。

 

yosemite_20110501_1.jpg

ヨセミテの画像はこちら