5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

ポケットを取る指ってそういうこと?



ポケットのホールドを取って次に行くなんて言うことを前回に書きました。

ポケットというのは、ホールドに穴が開いていて、1本とか2本の指をそこに入れて固定し上に上がっていくホールドです。

前回の課題では、そのポケットに左指を入れて上がっていくというものでした。

スタートを両手で保持し、

右にあるポケットを左指で取り、

右に体重を預けながら、

フラッギングして、

右手で次のホールドを取る課題です。

そのポケットですが、二本指がやっと入るというものでした。

二本の指と言えば、

  

人差し指と中指

薬指と中指

どっちが力が入ると言えば、当然人差し指と中指と思うわけです。

それで、最初そこのポケットに人差し指と中指を入れます。そして体を固定して上に伸び上がろうとします。

ところが、全く体が安定しません。

それでは、と言うことで中指と薬指をそこに入れます。

すると、ぴたっと体が収まります。

これは、かなり不思議な感覚です。

確かにボルダリングの本とか読むと中指と薬指がいいことがあるなんて言うことを書いています。

そんなことはないだろうと思っていたのですが、まさしくそんなことが起こったのでした。

不思議な世界です。

ボルダリングは。

それにしても、ポケットで頑張った指は未だに痛いです・・・・