5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

ルールは守ろうよ。



僕が行っているクライミングジムには、1カ所の壁には同時に一人しか登ってはいけないというルールがある。

最初行ったときに、それを教わる。

教わらなくても、ボルダリングしていると急に落ちることがあるので、近くで登られると危ない。

それから、ジムに多くの人がいたとき、長時間壁を占領するのは、当然のことながら御法度。そんなことは言われなくても分かるはず。

やりたい人が多くいるのに、そこで長くいられたら他の人の迷惑。

その日、そのルールを無視していたのは、まあできる人と初心者5,6名の団体。

初心者は、分からないところもあるかもしれないけど、できる人はちゃんと守らせてよと思う。

外岩じゃないんだから、登っている人の後ろで手をさしのべなくてもいいのではと思う。

 

僕らは、隣の壁でやっていたので被害はなかったけど、隣から見ていても危なっかしいので、「そこは一人ずつやるんだよ」と言ったが、聞こえなかったからかどうなのか、そのままだった。

見るのも腹がたつので、自分たちの課題に没頭していったが気分悪いボルダリングだった。

ジムの人に言って止めてもらえば良かったと反省した。