読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.10+α-β

~ボルダリングに熱中しているブログ~

奥が深いボルダリング



先週のボルダリングはジムの2階でいろいろな人が集まり、「どうやどうや」とやっていた。

できないポイントはいつも決まっていて、そこを超えられない。

ムーブが半分しか描けない。

半分描けていても、それでできてしまうことも良くある。

でも、今回の課題は二つとも描けないことが描けないように落ちていく。

「ガンバ!」という声が聞こえてくるんだけど、もう一歩の手をさしのべるルこともなく落ちる。

ここで腕を伸ばしても届かない・・・という気持ちになり腕を伸ばす前に諦めて落ちる。

この諦めがいけないんだろうなあと思う。

ここで諦めるから、その後のムーブの難しさの本質が分からないのではないかと。

それは分かっているんだけど自分の今の実力からして、どうやっても届かないと諦めている。

これ、もしかしたら仕事と同じことをやっているのではないか??

とも思う。

いけませんね。

自分で勝手にハードルを作り、そこを飛ぼうともしない。

飛んで始めて、それからの道が分かるというモノです。

来週、壁を破るボルダリングをします。

そこで落ちてもいいのです。

あと一歩。

その

あと一歩。

をやってみます。